成功する飲食店の条件と店舗デザインについて

外から見ても一目瞭然の清潔感

外から見ても一目瞭然の清潔感清潔感に気を配っているお店の印象を与えたかった自信に満ちて確信が持てる仕上がりになりました

飲食店の店舗デザインに関わることになり、絶対に失敗できないことからとても気が引き締まりました。
飲食店やデザインの基本的な知識はありましたが、改めて成功する飲食店とは何かを考え、成功しない飲食店との違いについて悩むことになりました。
実店舗を構えて集客を行う飲食店はやはり、立地の良さが武器になりますが、大抵は大手チェーンに押さえられてしまっているものです。
しかも、正面から挑戦して簡単に勝てる相手ではありませんから、運良く好立地を確保できても勝負になるかどうかは別問題です。
また立地にばかり頼っていると、立地に魅力を感じる人がいなくなった時点で、客足が遠のき売上が落ちることにもなり得ます。
その為、立地を含めて総合的に店舗デザインを検討する必要がありましたが、今回のケースは既に立地が決まっている状態からのスタートです。
肝心の立地は悪くないといえますが、特別優れているというわけでもないです。
そこで店舗の外観や内装で興味を引いたり、店内に入りたくなるデザインを考えることにしました。
ごく当たり前ですが飲食店は食事をする場所ですから、清潔感が不可欠で実際の清潔さだけでなく印象においても大事です。
つまり、お店に入ってから気がつく清潔感に加えて、外から見ても一目瞭然の清潔感を心がけました。